恒例新春登山2011・・・瑞牆山

2011.01.09 Sunday 22:24
0
    恒例新春登山2011・・・金峰山から続きます。



    当初は、金峰山と併せてみずがき山荘前を出発し、

    途中の富士見平を宿泊地にすれば、短時間で山行ができたのかも知れない。

    しかし、長野県側のコースも捨てがたい気持ちもあり、

    大日小屋は通れないが、富士見平小屋は通過できるということで、

    長野県から金峰山を登り、そのまま登山口(廻目平)に戻り、

    車で移動して翌日みずがき山荘前の登山口に来るという設定でした。

    何故富士見平にこだわるのか?

    それは、供養の気持ちです・・・。


    みずがき山荘前を出発したのは、6時59分





    そういえば、前日の金峰山から瑞牆山を見て、すごい山だと思っていたけど、

    スタートから約35分ほどのところで、林間の隙間から瑞牆山が見えた。

    山頂の凄さをあらためて・・・




    7時53分、富士見平小屋到着。

    登りの時点では素通り。




    凄い岩肌だけど、どこかで見たような光景・・・・・・

    もしかして、ディズニーランドだったかも




    8時31分、凍り付いた沢があった。

    日の当らない場所だから無理もない。

    新潟県人である私の日常生活の中では、このような光景は凄く珍しい。



    この凍った沢を横眼で見るだけかと思えば、

    僅かだけど、沢の上を歩かないと通れないことがわかった。

    スリル満点・・・




    9時24分、富士山が見えるところで休憩




    9時32分、巨大岩を見上げる

    山頂はここから近いと思われる




    10時6分山頂に到達





    まず目をやったのは金峰山だった。

    山頂から望む金峰山と、山頂のすぐ右の五丈石が目立つ





    山頂から富士山を望む





    再びお決まりのポーズ





    再び金峰山を望むと、飛行機が頻繁に通過するのが見える。





    ずっと目立っていた山頂直下の巨大岩






    今日の山頂は風がなく穏やか。

    日差しもあり暖かいので、ここで昼食することにした。

    山頂には私と石ちゃん以外に誰もおらず、貸し切り状態。


    10時50分、さて、そろそろ下山しましょー



    登る時にも通過した沢を慎重に歩く




    12時13分、富士見平小屋に立ち寄る。

    トイレタイム・・・

    そういえば、被害者もトイレに行くと出たきり・・・





    みずがき山荘はもう近い。





    12時52分、登山口(みずがき山荘前)到着







    恒例新春登山2011・・・ダイヤモンド富士へ続く
    category:登山 | by:丸山俊夫comments(0)trackbacks(0)
    Comment








       
    Trackback
    この記事のトラックバックURL

    Calender
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << January 2019 >>
    あったか村SNS
    Selected entry
    Category
    Archives
    Recent comment
    Recommend
    Link
    Profile
    Search
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM