屋外でご飯炊き

2010.08.08 Sunday 22:41
0
    これで何度めになろうか?

    屋外でのお手軽ご飯炊き・・・。

    と言っても、私にとっては未だお手軽とは言えず、

    いずれお手軽になるだろうと練習しているのであった



    前回は、7月4日(実施)7月12日に綴った日記【コッヘルでご飯炊き】を参照してください。

    前回とほぼ同じ道具を使って、同じ量のご飯を炊くことにした。


    まず大切なこと、

    良く研いだお米を、今回は約2時間浸しておいた。

    そして適量のお水を入れて早速炊いてみる。



    外は風もなくコンロを使用するには良いコンディションである。



    点火を始めた時間は確認したのだが、その後の時間の確認を忘れてしまい、

    時間の記録はヤメ・・・。

    で、コッヘルの蓋が浮き始めたので蓋の上に重石を置いた。

    それから少しして、吹き零れもしなくなった・・・。

    と思われた。

    そのあたりがちょっと自信ない・・・。



    ちょっと焦げ臭い匂いもしたので、

    火を止めて、コッヘルをドバッとひっくり返した。

    蒸す時間も計測するのを忘れ、かなり感でやってしまった。

    15分以上は経過したであろうと感じられたが、

    今思えば、そんなに経過してなかったのかも知れない。

    というのも、

    ご飯が蒸しあがるまでにおかずを一品作らなければならない。

    今日、用意してきたのは、豚肉の細切れ。

    それに、家にあった玉ねぎを一個と、

    セカンドハウスで採れたピーマンのみ。

    肉野菜炒めをして、ご飯にぶっかけて食すってのが、WILDでアウトドアっぽい感じがする。

    しかし、味付けとなる焼き肉のタレとかがない・・・

    しかたない。

    セカンドハウスにある醤油とこのにんにくラー油を使うことにしよー


    大事なことを忘れた。

    炊きあがったご飯の画像も忘れたし


    まずは、炊きあがったご飯を味見。

    見た目でもわかったことだが、芯が残っている。

    水が不足だったのか、蒸す時間が足りなかったのか、原因も不明だ。

    そして、応急処置として、おちょこ一杯ほどの日本酒を鍋に入れて、

    再度火を付けた。

    何分か炊いたあと味見をしたら、芯が無くなっていた。

    最初から日本酒を入れれば芯の無いご飯ができたのかもね。

    でも、それじゃ私には意味がない。

    とりあえず、本日のご飯をコッヘルに入ったままいただく。

    例の肉野菜炒めも入れて。



    混ぜたにんにくラー油

    これはもらったものだ。



    くじけずに次回も頑張って炊いてみます

    Comment








       
    Trackback
    この記事のトラックバックURL