鍋倉さんと言う人

2009.11.10 Tuesday 22:57
0

     3日に、鍋倉山に向かいましたが、

    大雪で引き返しました。


    新潟県村上市では、1日に地元の山へ山菜採りに行ったまま戻らず、

    1週間ぶりに無事に保護された男性が、鍋倉さんと言います・・・。


    2日と3日は、降雪に遭いながらも、無事に生還を果たしました。


    年齢は71歳。

    土木作業員現役のようですね。


    合羽を着て、リュックに偶然入っていたナイロン袋をかぶり寒さを凌いだという。


    天然ナメコや山ブドウを食べて飢えをしのいだそうだ。


    スーパー林道に出て、車が見えた時は、うれしくて腰が抜けたそうな・・・。

     

    そして、家に戻ったら、ホッとしたのだろう。

    急に眠気が差し、足腰が痛み、立てなくなったそうな・・・。


    気持ちわかるなぁ・・・。

     

    このご老人の生命力を感じます。


    若い人だったら、まず生きられなかったでしょうね。

     

    山中に迷ったら、デジタルな生活はなかなか通用しない。

     

    アナログがいかにして大事なことかということを教えてくれたような気がします・・・。

    Comment








       
    Trackback
    この記事のトラックバックURL