白馬鑓温泉

2016.08.03 Wednesday 17:56
0
    あまり登山に興味のない方は、

    単なる露天風呂に見えてしまうだろう。

    しかしここは、徒歩でしか行けない温泉、

    しかも片道5時間(人によってはもっと早いけど)が必要。

    7月24日、憧れだった白馬鑓温泉を日帰りで訪れてきた。


    本来、もっと花の良い時期か、秋の紅葉の時期が良かったのかもしれない。

    今回は、木偶さん(仮名)に誘われて、8月上旬に実施される白馬三山縦走の下見である。

    この縦走は、木偶さんが企画する小中学生を含む2泊3日の行程で白馬岳を登山する予定なのだが、

    この鑓温泉のコースを、小中学生と貧弱な女性が通過できるかどうかと決断するために下見という形で行ってきた。



    その結果、木偶さんの感想、

    鑓温泉の上にある鎖場が不安なことと、

    小日向のコルから下の下山がすごく長丁場だということ。


    鎖場に関しては、その上下に大人がスタンバイし、

    万が一のことがあっても、鎖場の下で命がけで構えて待っていることを心から誓う。


    小日向のコルから下は、

    今回の木偶さんの場合、2時間30分ほどかかったかと思うが、

    私は1時間30分で降りてきた。

    それを考えれば、

    最も低年齢の4年生の子供さんが参加しても、それほど時間はかからないのではないかと想像する。

    最も木偶さんを含め、女性はもっと遅く下山することになるだろう。

    時間はかかってもいいから、

    この三山の登山を達成させたい。


    さて、今回の白馬鑓温泉、

    透き通った色のお湯、

    湯加減はちょうど良い。

    晴れ渡り展望が良ければもっと良かったが、仕方ない。

    標高としては、この温泉は2100m。

    八ヶ岳の本沢温泉の標高は2150m。


    標高としては、本沢温泉野天風呂や、立山のみくりが池温泉に次いで日本で3番目の標高。

    しかし展望でいうと、本沢温泉よりはるかに展望が良い。

    展望の良さでいうと、

    私の知る限りは、蓮華温泉も絶景なんだが。


    とにかく今回は癒された。












    JUGEMテーマ:日記・一般



    category:登山 | by:丸山俊夫comments(0)trackbacks(0)
    Comment








       
    Trackback
    この記事のトラックバックURL