セカンドハウスで焚き火

2016.04.11 Monday 17:38
0
    セカンドハウスには、6畳敷きの畳の部屋がある。

    だけど、電気はない。

    どうしても必要な時は発電機がある。

    だけど、一杯飲み交わすには電気は必要だと思ったことはない。

    ただ、今回は準備不足だったために、持ってきたヘッドランプが壊れていて使い物にならなかった。

    しかし、セカンドハウスにはランプがある。ろうそくもある。

    それだけでも十分。

    そして、外では焚き火ができる。


    4月9日の土曜日、

    長野県大町市からやってきた木偶さんと、ごちそうをつつきながら飲む。

    そして、けっこう美味しく食べた後は、

    外に出て星空を眺める。

    付近には一切の明かりもなく、星もきれいに映える。

    星を十分堪能した後は、夜の焚き火。


    ランプの灯り








    身も心も暖まるというのは、このようなことを言うんだと思う。

    焚き火を囲いながら、缶ビールを2本空けてしまった。

    飲んでいる間は、ほぼ無風だったんだけど、

    ちょっとささやかに風が出てきたので、焚き火はおしまいにして、火を消す。


    そして、畳の上で熟睡・・・
    category:アナログ | by:丸山俊夫comments(0)trackbacks(0)
    Comment








       
    Trackback
    この記事のトラックバックURL

    Calender
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << January 2019 >>
    あったか村SNS
    Selected entry
    Category
    Archives
    Recent comment
    Recommend
    Link
    Profile
    Search
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM